1/15

ミニマム包丁【京之鍛冶師 義定】

¥8,580 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Makuakeで達成率2100%超えの話題の包丁!
キャンプやホームパーティーで大活躍。京之鍛冶師が作る『ミニマム包丁』

江戸時代創業、刀鍛冶からの高い技術と伝統。プロの職人が認める切れ味で食材の持つ旨味を生かします。
キャンプ、BBQ、ホームパーティーなど、コンパクトな包丁が様々なシーンで大活躍。

職人の一気通貫で”名入れ可能で自分だけの包丁“。
持ち運び易いサイズと軽さ。錆びに強く長く使える包丁
京都で創業し360年、京刃物の技術と伝統を受け継ぎ、プロの現場やみなさんの日常の暮らしを支えてきた「京之鍛冶師 義定」
今回、日本刀の製法を取り入れ、職人の手で作る、小型ながら切れ味抜群で尚且つ美しい、持ち運びに便利なミニマム包丁を作りました。


ナイフではなく、「包丁としての切れ味」を、持ち運びしやすいコンパクトなサイズで開発しました。


コンパクトなサイズながら、鍛冶師が生み出す、本物の包丁の切れ味。
その刃は抵抗なく滑らかに食材に入り込み、食材の美しい繊維を壊しにくい。
だからこそ、食材の持つ本物の旨味を残したまま調理が可能です。


そうした食材で作られた料理は、キャンプやホームパーティーなど、
人々が集まり特別な時間を共有する際の料理を、いっそう美味しく演出してくれるでしょう。
料理での活躍はもちろん、食事の時間を彩る一本になります。

プロも使う包丁と同じ材料を使い、また職人がひとつひとつ研ぎを見極めることにより、「ほどよい重さ」を感じられるのも、ミニマム包丁の特徴です。
軽すぎず、切りやすく、独特の高級感を感じさせます。

野菜や果物だけでなく、お肉もお手の物です。
ほどよい重みがあり、手に馴染む。
最小限のボディながら切れ味と使いやすさを両立させています。


ひとつひとつ違った刃紋の美。飽きのこない、自分だけの特別な道具。
丈夫で抜群の切れ味、ひとつひとつに違った美しい刃紋。

刃紋の美しさを感じられるよう、あえて持ち手と刃を一体にしたシンプルなデザイン。飽きさせず誇張しすぎない存在感で、道具としての「用の美」を追求しました。希望者には包丁に″名入れ″ をします。 自分の名前と、ひとつひとつ違った美しい刃紋で、″世界に一本だけの包丁″になります。

ご希望の方はお名前をお入れします。“義定”と刻印がある裏面の持ち手部分に3文字(漢字、ひらがな)までです。
※名入れをご希望の場合、入れたい「お名前」を備考欄にご記入ください。(記入例 名入れ希望 ○○○)


サヤ(ケース)も ひとつひとつ手作りです。


メンテナンス(研ぎ)について
錆びにくい特殊鋼を使用。洗った後にさっと拭くだけ。
刃と持ち手が一体のため洗いやすくて清潔感アップ。
万が一切れ味が悪くなった場合は研ぎ直しサービスをご利用ください。

≪禁止事項≫
調理等の用途以外の使用はしないでください。
子供の手の届くところに置かないでください。
製品による怪我に関して弊社では一切の責任を負いかねます。 充分気を付けてご使用ください。

≪ご使用に際して≫
食品などを切る場合は、食器用洗剤等で洗浄してからご使用ください。
使用後は食器用洗剤等で洗浄し水分をふき取って収納してください。
骨や冷凍食品などを切ると刃欠けの原因になりかねないのでご注意ください。

≪サヤ(ケース)の取り扱いの注意点
ミニマム包丁をケースに収める場合はケガをしないよう充分に注意して収納してください。その後しっかりと留め具を締めてください 。
ケースに関しては、扱い方によって破損の原因になりますのでご注意ください。

■商品仕様■

【商品名】
ミニマム包丁

【商品番号】
33

【品目】
包丁

【素材】
刃材 / 特殊鋼(錆びにくい)(両刃 右利き左利き兼用)

サヤ材 / ケヤキ(荏油仕上げ)留め具 真鍮

【サイズ】
ミニマム包丁
全長約15.5㎝
刃渡り約8㎝
峰厚約2mm
重量34g(サヤを除く)

サヤ
全長約17㎝
幅約4㎝
厚み約9mm
重量約31g

総重量約65g

※完全手作りになりますので刃紋やサヤの木目、色合い、サイズ等、個体差が生じます。予めご了承ください。

【京之鍛冶師 義定】
公式ホームページ↓
https://yoshisada.jp/

創業360年京都府内で製造から小売までを一貫して行っている数少ない企業です。
ほんまもんの京刃物をぜひ、お試しください。

京都、三十三間堂近くに直営店がございます。
GoogleMap↓
https://goo.gl/maps/tBs6vJdcqwXoM12K7

研ぎ直しサービス(有料)も行っております。
レターパック などで京都の工場へ送っていただくか、全国の百貨店などにて行われる出張研ぎ販売会にお持ちいただくと、包丁を作っている職人本人がお研ぎいたします!
詳しくはホームページをご覧ください。
京之鍛冶師 義定 公式ホームページ/研ぎ直しサービス↓
https://yoshisada.jp/maintenance/

【京刃物の歴史】
794年の平安遷都の頃に始まります。
 
鎌倉時代には優れた刀工が出て、その高い技術を全国に伝えました。
時代とともに、人々の日常生活に欠かすことのできない刃物も多く造られるようになりました。

やがて、刀鍛冶、農鍛冶、刃物鍛冶と大きく三分され、さらに需要に応じて細かく専門化されていきます。

京都はもともと都であったという地の利と、出雲地方の砂鉄、伏見稲荷周辺の土、鳴滝の砥石、丹波地方の松炭、さらには良質の水などが容易に入手できるという刃物造りに適した条件を備えていました。

それゆえに、室町時代中期頃より鍛冶の町として栄え、以後明治の初め頃まで、刃物の一大産地として全国に知られました。

今日、全国の刃物産地の技術は、その多くが京都より伝わったといわれています。また、京都の伝統産業である西陣織、扇子、竹工芸、木工芸、造園、建築、料理、畳、瓦そして華道などあらゆる分野において、刃物はかげの力としてその発展を支え、今日に至っています。

現在京刃物は、包丁、鋏、鋸、ナタ、鎌、竹ノ子堀り、彫刻刀など、日常で使われるものから専門職の道具まで、多種多様に製作されており、その質の高さと使い易さには定評があります。

京之鍛冶師 義定
有限会社 義定刃物
〒613-0034 京都府久世郡久御山町佐山新開地82-1
TEL : 0774-44-0748(お電話でのご注文も承っております)
FAX : 0774-43-1791

Add to Like via app

義定刃物

京都府内で製造から小売までを一貫して行っている数少ない企業です。
ほんまもんの京刃物をぜひ、お試しください。
京都、三十三間堂近くに直営店がございます。
GoogleMap↓
https://goo.gl/maps/tBs6vJdcqwXoM12K7

  • Reviews

    (38)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥8,580 tax included

SOLD OUT

10,000円以上の購入で
配送料無料
一部対象とならない地域があります
  • 研ぎ直しサービス(有料)も行っております

包丁送り方動画

同じカテゴリの商品
    最近チェックした商品
      セール中の商品